クランチをする際に丸まれないあなたへ

この記事を書いている人-WRITER-

全身の血の気が引くくらいの痛みを伴う腰痛をきっかけにトレーニングを始めた主。トレーナーになる際にトレーナー養成スクールで学んだことを活かし、カラダのケアやトレーニングをしていく中で腰痛にならないようなカラダ作りが大切なことに気づき、学びを深めていきたどり着いたのが「私生活」の中で「姿勢活」

「姿勢活」を広めていきたいトレーナーのブログです。

下北沢、生田、小田原、螢田で活動中です。
パーソナルご希望の方は下記のURLよりお問い合わせください。
https://refitsmkt.com/contact/

公式LINEでのお問い合わせはこちら
https://lin.ee/xen5afn

高橋 海正

筋トレで一番やりやすく、お金がかからず、単純な動きで筋肉に負荷を与えられるトレーニングとは何でしょうか、、、

『お腹周りが気になる』

そんな方が行うトレーニングといえば腹筋を鍛える王道種目『クランチ』です。

ですがこのクランチはフォームが間違ってしまっている方が多いのが現状です。

『クランチは頭の後ろに手を組んで、肘を膝までつけるようにして起き上がりましょう。』とネットなどを見ると出てくると思います。

ですが、その動きはクランチではなく『シットアップ』と呼ばれる種目です。

クランチ

腹直筋に負荷が集中。地面から腰が離れない範囲の可動域で脊柱を後弯させ、上体を起こす種目。

シットアップ 

股関節屈曲筋である腸腰筋にも負荷が入るため、腹直筋の負荷が軽減。地面から腰が離れるくらいまで上体を起こす種目。

クランチは脊柱がしっかりと丸まることができれば行える種目です。

シットアップは股関節の屈曲可動域があれば脊柱が丸くなれなくても行うことができる種目です。

どちらも背中を丸くなれた方が腹直筋のトレーニングは行いやすくなります。

ここで出てくるのが『背骨うまく使えてますか?』問題です。

正直、意識して背骨を動かすことをしたことがある方は少ないのではないでしょうか。

他のトレーニングを行う際にも背骨の可動域や柔軟性がある方が余計な負荷を分散させてくれたり、怪我の予防にもなるので日頃から背骨のケアが必要になってきます。

胸椎の動きが悪いと、腰椎(腰付近)に必要以上の負荷がかかり体を痛める原因にもなるため柔軟性を出すことは大事になってきます。

写真はお客様にある動きの練習と呼吸を合わせて行ってもらった時の写真です。

この脊柱の可動域の変化にお客様は驚いた顔と笑みが溢れていました。

しっかりと胸郭の動き、肩甲骨の動き、脊柱の動きを出してあげて姿勢改善や怪我予防などに活かしていきましょう。

特に胸郭の動きは腰痛などにも影響があると言われている動かせるようにしていきましょう。


パーソナルジムRE:FITについて

パーソナルジムRE:FIT下北沢は、トレーニングとストレッチ整体をメイ
ンに身体を整え、強くし、しなやかで美しいボディラインを作るのを得
意としたジムです。

下北沢駅から徒歩3分の駅近なのでお仕事前、お仕事帰りにご来店される
お客様が多く通われています。運動不足、筋力・筋量の減少、姿勢不良、
疲れやすい、痩せにくいなどのお悩み、一度RE:FITにご相談ください。

トレーニングに必要なものは全て揃っています!!

ご来店時に必要なものは『やる気』と『勇気』のみ!

ウェア、タオル、お水は全て無料でご用意してあります。
手ぶらで気軽に運動習慣を取り入れることができ好評いただいて
おります。

RE:FITでできること

・姿勢改善
・ダイエット
・筋力筋量の向上
・運動不足解消
 など

姿勢からキレイになるので
ウェストが細くなり、パンツを何着か捨てたと言うお客様も
多くいらっしゃいます。

今年こそ自分を変えたい!!と言う方!
ぜひ、パーソナルジムRE:FITで一緒に変わってみませんか?

Instagramも絶賛更新中!

フォローやいいねよろしくお願いします!


〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-2-11 Comodo・I 201
TEL : 080-3029-4515
MAIL : kaisei.likefit@gmail.com