よく知られていないナイアシン。ビタミンB3について解説

この記事を書いている人-WRITER-

全身の血の気が引くくらいの痛みを伴う腰痛をきっかけにトレーニングを始めた主。トレーナーになる際にトレーナー養成スクールで学んだことを活かし、カラダのケアやトレーニングをしていく中で腰痛にならないようなカラダ作りが大切なことに気づき、学びを深めていきたどり着いたのが「私生活」の中で「姿勢活」

「姿勢活」を広めていきたいトレーナーのブログです。

高橋 海正

ナイアシンは、別名ビタミンB3またはニコチン酸と呼ばれています。

健康に対する多くの利点を持つ栄養素です。

この記事では、ナイアシンの重要性、効果、摂取方法、欠乏症状、過剰摂取のリスクなどについて詳しく説明します。

ナイアシンとは何か?ナイアシンの基礎知識

ナイアシンは、ビタミンB3とも呼ばれるビタミンB群の一つです。

ビタミンB3には、ニコチン酸(nicotinic acid)、ニコチンアミド(niacinamide)、およびインヒヒトリン(Inositol hexanicotinate)などが含まれます。

これらの化合物は、体内でニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD)およびニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸(NADP)といった補酵素の一部として機能し、代謝プロセスや細胞のエネルギー生産に不可欠です。

ナイアシンの主な役割とは?

ナイアシンは、体内でさまざまな重要な役割を果たします。以下に、その主な役割を紹介します。

  1. エネルギー生産
    ナイアシンは、糖や脂質の代謝に不可欠な補酵素として機能します。これにより、食物を消化吸収して得たエネルギーを効率的に利用できるようになります。
  2. DNA修復
    ナイアシンはDNA修復プロセスに関与し、遺伝子の安定性を維持します。これはがんの予防に関連しています。
  3. 脂質代謝
    ナイアシンは※「脂質プロファイル」を改善し、コレステロール値を正常化するのに役立ちます。これにより、心臓病やその他の心血管系の病気リスクを軽減できます。
  4. 血糖コントロール
    ナイアシンは血糖値を安定化させるのに役立ち、糖尿病患者にとって重要です。

※健康診断結果にも血液サンプル中の総コレステロール値、LDLコレステロール値、HDLコレステロール値、中性脂肪値を測定します。 これらの値をまとめて脂質プロファイルといいます。

ナイアシンは何から摂る?摂取方法をご紹介

ナイアシンは、食事やサプリメントから摂取できます。以下は、ナイアシンの主要な摂取源です。

  1. 食事
    ナイアシンは鶏肉、牛肉、魚、穀物、ナッツ、種子、野菜など、さまざまな食品に含まれています。

    特に肉製品や魚には高濃度のナイアシンが含まれており、食事からの摂取が可能です。
  2. サプリメント
    ナイアシンのサプリメントも市販されており、欠乏症状を補うために使用されます。

    ただし、サプリメントの使用前に医師と相談することをおすすめします。

ナイアシンの欠乏症状

ナイアシンの欠乏症状は、ペルニシャス貧血(胃腸の吸収障害)、皮膚障害、消化器系の問題などが含まれます。

これらの症状は、ナイアシン不足によって引き起こされる代謝異常に起因しています。

欠乏症状を避けるためには、バランスの取れた食事が重要です。

ナイアシンの過剰摂取とリスクについて

ナイアシンの過剰摂取は、一般的に食品からの摂取ではまれですが、サプリメントの過剰摂取によって発生することがあります。

高用量のナイアシンサプリメントは、顔のほてりや発赤、消化器の不快感などの副作用を引き起こすことがあります。

また、極端な過剰摂取は肝機能に悪影響を与える可能性があるため、医師の指導の下で使用することが重要です。

ナイアシンの健康への影響

ナイアシンは、健康に多くの利点をもたらすことが研究によって示されています。以下に、ナイアシンの健康への主な影響を示します。

  1. 心血管系の健康維持
    ナイアシンはコレステロール値を改善し、心臓病のリスクを軽減します。

    特にLDLコレステロールを低減し、HDLコレステロールを増加させることが知られています。
  2. 糖尿病管理
    ナイアシンは血糖値を安定化させ、糖尿病患者の血糖コントロールを助けることができます。
  3. がん予防
    ナイアシンのDNA修復能力により、がんの発生リスクを軽減する可能性があります。
  4. 皮膚の健康
    ナイアシンは皮膚の健康をサポートし、アクネや乾燥肌の改善に役立ちます。

ナイアシンの摂取についての注意点

ナイアシンを摂取する際には、以下の注意点に留意することが重要です。

  1. 医師の指導
    高用量のナイアシンサプリメントを摂取する前に、必ず医師と相談しましょう。
  2. 副作用
    高用量のナイアシンサプリメントは、ほてりや発赤、消化器の不快感などの副作用を引き起こすことがあるため、用量に注意が必要です。
  3. 適切な摂取
    ナイアシンは食事からの摂取が最も安全で効果的な方法です。バランスの取れた食事を摂るよう心掛けましょう。

まとめ

ナイアシンはビタミンB3として知られ、体内で重要な役割を果たす栄養素です。

正常なエネルギー生産、脂質代謝、DNA修復などに関与し、心血管健康、糖尿病管理、がん予防などに寄与します。

ただし、過剰摂取には注意が必要であり、医師の指導の下でサプリメントを使用することをお勧めします。

健康な食事療法に含め、ナイアシンを適切に摂取することで、健康をサポートすることができます。


現在、無料体験実施中です!

ダイエット、ボディメイク、肩こり・腰痛改善&予防などのお悩みがある方はぜひお問い合わせください。

公式LINEでのお問い合わせはこちら
https://lin.ee/xen5afn

ホームページからのお問い合わせはこちら
https://refitsmkt.com/contact/

お電話でのお問い合わせは
080-3029-4515